会社を辞めて半年間孤独と闘って社会人参戦

会社を辞めて半年間孤独と闘って社会人参戦

会社を辞めて半年間孤独と闘って社会人参戦

 

スマフォのゲームアプリ。
ただゲームしていってストーリーを楽しむのも乙ですが、なんといっても友達申請という交流機能があるのが魅力的ですよね。
アバターを褒めあったり、応援しあったり。

 

だけど、クエストを進めていく上でパートナーとしてつれていける、という形のゲーム。
クエストを達成したあとは「フレンド申請しますか?」と出てくるんですが。
自分よりレベルの高い人にフレンド申請するのは少し気が引けます…。
なんたってフレンドにも上限はあるわけだし、自分はまだまだ初心者で弱いし…とか考えて。

 

だけど自分は初心者の方からフレンド申請をうけると、少しは自分の方がキャラクターも育成して力になれるわけだから申請許可しちゃう。
逆に自分よりレベルの高い人からフレンド申請をうけたときは震えながら申請許可します(笑)
「ここここ、こんな弱い私でいいいいいですか!?!?!?」ってな具合に(笑)

 

まあ、大抵の場合はフレンドチャットも使わずに、何か月もインしてないなと思ったら消しちゃうんですけど…。
それも、初心者のうちに放置してしまう人が多いんですよね。
忙しいからなのか、思っていたより退屈だったからなのか…。
そういうときなんだか悲しくなります。
「力になれなかったなあ…」とか(笑)

 

ゲームなんだから、いちいちフレンド申請のことなんて深く考えずにプレイすればいいじゃないか!
と思う自分もいるんですけどね(笑)
でもやっぱりクエスト進めていくと難易度も高くなっていくから、自分のキャラクターだけじゃどうにも…。
友人も始めたばかりのゲームがあるんですが、その友人もなかなかインせず、レベル1のまま…。

 

ゲームだし、やれよやれよと強制するものでもないから、友人枠としてそのまま消さずに残してあるんですけど。
ほかの人から申請受けた時に上限まで達していたらほかの人を消さないといけないので、少し考え物ですね(笑)

 

アバター系のゲームは課金しないとなかなか良いアイテムが出ない、とか多いんですけど。
私が今やっているゲームは結構いいアイテムがもらえたりするので素敵です。
ゲーム内での友達も出来ましたし!
「アバター、前のより豪華になってますね!」って応援メッセージを送ってみたら、返事がきました。
「ありがとうございます!そちらのアバターも素敵ですね!○○イメージですか?」って。
うれしいです。こういったちょっとだけの交流なんですけど、どっかでこの人も何かを考えながら生きているんだろうなあって。
仕事は何をしているのかとか、プライベートなことは聞かないことにしてるんですけど、気になってはいます(笑)

 

今まではパソコンのオンラインゲームばかりやってきたので、いつでも気軽に遊べないというのがネックだったのですが。
スマフォのアプリだといつでもどこでも気軽に時間つぶし感覚で楽しめるからいいですよね。
その分通信制限がかかるのが早くなるのがこれまたネックですが(笑)

 

とにもかくにも、フレンド申請機能はすばらしいです。
ゲームにインしないとメッセージが読めないというところが難点ですが、まあそれも一興かと。

 

…一時期、アニメコラボとかのイベントでどうしてもほしいキャラがいたので課金してしまったことは親には内緒です。
携帯料金は自分のお金で払っているのですが、どうも母はなんやかんやと知りたがりでして…。
「今月いくら?」とかなんとか…。
私のお金だからいいでしょー!とはぐらかしたり、サバを読んでみたり(笑)
だって自分のお金で払っているといっても、ゲームをあまりしない人に「課金した」っていうと白い眼で見られるんですもの…。

 

この前、無料で遊べると思っていたゲームが実は有料でした、ってこともありました。
ダウンロードする前に気が付いたんですけど。
あれ、もしも自分の望んでいなかったような内容だったらお金を溝に捨ててるのと同じですよね…。

 

ゲームの紹介画面はあまり詳しいスクリーンショットもなかったし、レビューは星5ばかりだったけれどコメントがなかったからわからない。
うう、でも気になる…。
確か200円くらいだったかと。
200円…試しにやる、にしては少しでかい…私にとっては。

 

 

 

会社を辞めるのも苦労するけど、辞めてから探すのが一番苦労する。あの人は猛烈に嫌いやけど直接的に仕事で関わるわけじゃないしOKかな。

 

 

仕事辞めたい新卒

 

 

 

仕事を辞めたくても辞めれない人もいる。アルバイトならすぐに飛ぶ人もいる。でもお世話になった会社なら最期ぐらいしっかり挨拶をしてからやめないと行けませんよね。誰に何を言われようが成長できるのは自分の選択肢次第。

 

 

 

会社で学ぶことよりも自分で何かを生み出そうと努力をしているときの方が新卒社員よりも良いかも。


ホーム RSS購読